健康野菜の甘い蒸し料理


健康野菜の蒸し料理

妻が生理だとかなんとかで、 私が料理をすることになりました。

生理

女性はなにかと甘いものを食べたりしますが、それは生理と関係があります。 生理中には黄体ホルモンが増加することで食欲が増加します。 それに伴って特に次のものが食べたくなるそうです。

  • 甘いもの
  • 脂っこいもの

その日も妻は生理前で、ラーメンケーキが食べたいといっていましたが、 ラーメンは脂っこいものの代表ですし、ケーキは甘くて更に脂質が豊富です。 それを食べてなにもなければいいのですが、 そういったものを食べると生理痛がひどくなるという悪循環が生じます。

そこで、残っていた野菜を蒸す感じで一皿作ってみました。 砂糖を摂ると生理痛になる……ので、 砂糖を使わずに甘い料理を作ります。

材料 2人分

基本的に余っているものを入れればいいのですが、 ポイントは にんじん、たまねぎ、ねぎ です。 にんじん も たまねぎ も ねぎ も、 温めると甘くなります。

  • にんじん 1本
  • たまねぎ 1個
  • ねぎ 1本
  • 白菜 1/8程度 (余っていたもの)

そして今回必須なのは 圧力鍋 です。 圧力鍋 を使うことで、 野菜を早く調理することができます。 我が家では 3.5L ぐらいの容量だったと記憶しています。

作り方

この作業に入る前に、炊飯器で炊飯を開始しておきましょう。 だいたい 20~30分ぐらいかかります。

  1. 圧力鍋に水を入れます。 底から 2, 3cm 入れれば OK です。 そして火にかけて温めます。
  2. 材料を切ります。 切った順に随時鍋に入れていきます。
    • にんじんを斜めに切ります。 厚さは 5mm~1cm ぐらい。
    • たまねぎを切ります。 厚さは 1cm 以内 に収まれば OK です。
    • ねぎを切ります。 1本のネギを 2つに切ってそのまま入れました。
    • 白菜を切ります。 食べやすい大きさで。
  3. 圧力鍋に蓋をして 沸騰するまで待ちます。
  4. 沸騰したら 5分~10分 弱火にして温め続けます。
  5. 火を止めて、 圧力が元に戻るまで待ちます。

野菜の甘い汁が出ています。 あたたかいうちに食べましょう。

最初は野菜の量が多く見えるのですが、 火を通すとかさが減ってちょうどいい具合になります。 水の量が少なく見えますが、 野菜に水分が含まれているので気にすることはありません。 塩・こしょうやコンソメを追加するのもいいと思います(甘さがどうなるかはわかりませんが)。

盛り付け

菜箸を使って鍋からお皿に盛り付けていきます。 菜箸を使うのは、できるだけ水分をとらないようにするためです。

鍋に残った汁は おたまですくって マグカップに移しましょう。 甘い野菜汁、 温かいうちに飲みましょう。 驚くほど甘くなっています。

今回使った食材についてちょっと見直しておきます。

にんじん

ビタミンAが豊富で、視力や日焼け対策に効果ありと言われています。 ビタミンAは目の角膜の細胞分化を促進します。 にんじん 1/2本で1日のビタミンA所要量を補えます。

品種によって多少異なりますが 9~2月 が旬です。

たまねぎ

消化液の分泌を促し、新陳代謝を盛んにする働きや、血をサラサラにする働きがあると言われています。 そのため高血圧や糖尿病などに高い効果があるとも言われています。

1年中なんらかの品種が旬になって出回っています。