冷えたご飯をおいしく使う料理 ぞうすい


ぞうすい

朝ごはんに雑炊(ぞうすい(をいただきました! おいしい雑炊をつくるコツは 冷えたご飯を使うことです。

炊飯器で炊いたごはんが余った時、冷蔵庫に入れておくのですが、結局食べることなく余ってしまった時はぞうすいで一気に使います。 チャーハンを作るというのもひとつのやり方ですが、ぞうすいは油がとんだりしないという簡便さがあります。

材料 2人分

  • ごはん 1合程度 (冷蔵庫にある冷えたご飯を使います)
  • 水 180 ml
  • たまご 1個
  • しょうゆ 大匙1
  • 料理酒 大匙1
  • ほんだし(顆粒) 2ふり
  • 万能ねぎ 3本程度

万能ねぎの代わりに長ネギなどを使っても OK です。

万能ねぎ

脳の栄養 ブドウ糖の代謝を促進する ビタミン B1 の吸収を良くする アリシン を含んでいます。 また アリシンには 血行をよくして身体を温める効果があります。 吸収が促進される ビタミン B1 は 疲労回復効果もあり、風邪の予防にも役立つそうです。

緑の葉の部分には カロチンやビタミンCが豊富に含まれるため、 風邪の予防にさらに効果があるそうです。 また白い部分はネギオールという殺菌力を持つ油成分が含まれています。 きれいになるともいわれています。

さらに(がん)の予防にも効果があるなど、効果絶大な万能ねぎは福岡県でブランド化された野菜です。

調理器具は次のものを使用します。

  • ボール
  • 泡だて器
  • おたま

作り方

  1. ねぎを 5 mm 程度 の輪切りにします。
  2. 水、醤油、料理酒、ほんだしを鍋に入れて火にかけます。
  3. 沸騰したらごはんをいれます。
  4. たまごをといておきます。
  5. ごはんが水を吸った(と思った)ら といたたまごとねぎを入れて少し混ぜます。
  6. たまごに火が通ったらできあがりです。

冷やごはんの消化にこまったときにおすすめです。